病院へ行っても異常なしと言われ、15年も苦しんだ腰痛がらくになった理由

2016年7月7日 : 腰の痛み

三重の整体、松阪市駅部田町「てらだ鍼灸整骨院」副院長、

「医者が認める 無痛整体集団」山口です。

今回のテーマは

 

病院へ行っても異常なしと言われ、15年も苦しんだ腰痛がらくになった理由

 

15年以上も腰痛に悩まされ、年に1度は歩けなくなるほどひどいぎっくり腰になる。

病院で検査をしても腰に異常なしと言われ、治療院へ行っても一時的によくなるだけ。

その腰痛にうんざりしているなら、ぜひ最後まで読みすすめて下さい。

希望の光が見えてくる、そんな内容になっています。

 

今回ご紹介するのは45歳女性のIさんです。

Iさんの症状は、15年以上の慢性的な腰痛と、年に1回は歩けないほどのぎっくり腰になるといいます。

来院時、歩き姿を一目見て腰が痛そうと思えるほどでした。

病院では検査をしても異常がないと言われ、痛み止めを処方されました。

治療院にも今までに3カ所に行きました。

あとは、自分でストレッチをしています。

仕事が中腰になることが多いので、普段はコルセットをしています。

 

Iさんは現在5回来院されています。今の現状は腰痛はなく、歩くのも違和感なく歩けます。

では、なぜ痛み止めを飲んでも良くならなかった腰痛が楽になったのか。

 

それは痛みの原因が腰ではなく、別にところにあったからです。

 

えっ!!

腰が痛いから腰に原因があるんじゃないの?そう思っていませんでしたか?

 

実際、腰が原因で腰に痛みがでる方もいます。でもほとんどが、違うところに原因があることが多いのです。

 

Iさんの場合は腰ではなく骨盤の歪みと股関節周りの筋肉の緊張が原因でした。それを調整することで2回目には腰の痛みがなくなっていました。

しかし、今度は痛みが股関節に移動しました。痛みが移動する事ってよくあります。例えば今まで痛かった所が楽になり、その痛みできになっていなかった

体の歪みを調整し下半身の筋肉の緊張をとることをしていきました。4回目来院時の帰る時には楽になったかもと言っていました。5回目来院された時には痛みのほとんどなく違和感なく歩かれていました。

ただ、これで終わりではないんですよ。これで終わったらまた腰痛が繰り返される場合も考えられます。今の体の状態を作っているのは生活習慣です。なので、体を調整しつつ、生活習慣も見直していく必要があります。

 

当院の施術は触る程度の強さで触るのでぜんぜん痛くありません。

マッサージや強い刺激を求めている方は合わないかもしれません。

 

諦めずに色々試してきたけど、あまり効果が出ずに腰痛で悩んでいる方、腰痛とおさらばしたい人はぜひ電話して下さい。

力になって見せます。

 

感謝。

 

ご存知ですか?猫背の人はどんな治療院に行けばいいのか

2016年3月1日 : 肩こり,腰の痛み,頭痛

体の力を抜いた状態で立位を真横から見た時、足の外踝・骨盤・肩・頭(耳の穴)の点を結んだ一直線から肩や頭(耳の穴)が少しでも前方につき出たり、骨盤が後方へ圧し出されたり、背中が丸まり、顎が少し上がっているのが「猫背」と言えるでしょう。

その程度は様々で、猫背とは外見から判断できない軽度の方から、慢性的な痛みを伴うはっきりと猫背と分かる重症の方まで、治療機関をどう選んだらよいのか、悩んではいませんか。そんな方へ、治療機関をご紹介しましょう。

 

病院や診療所・クリニックの整形外科

一般的にみなさんが「病院」と呼んでいる保険医療機関で、「猫背」=脊椎の弯曲が一目でわかる画像診断を行ってもらえます。

背骨(脊椎)は首(頸椎)・胸(胸椎)・腰(腰椎)・お尻(仙骨)・尾てい骨(尾骨)のパーツに分かれていて、全体にS字を描くようにできています。胸椎は元々後ろに弯曲しているのですが、その弯曲がどれほど強いのかを診断してくれます。

また、脊柱管狭窄症やヘルニアといった弯曲による椎間板の潰れや神経接触がないか、側弯症などの脊椎の捻じれがないか、外からでは分かりにくい損傷確認をすることで、猫背加療との優先順位が決まることもあります。通常はX線レントゲンで診断を行いますが、保険医療機関の設備によってはCTやMRIなどによる精査も可能です。

治療自体は、牽引や温熱療法、ストレッチといった理学療法士による加療があり、痛みを伴う場合は痛み止めといわれる飲み薬や湿布薬(消炎鎮痛剤)や末梢神経薬(ビタミン剤)の投与も受けられます。

 

接骨院

「ほねつぎ」といわれる治療機関で、低周波・赤外線といった電気療法、牽引、マッサージのよる加療を行います。

捻挫や鞭打ちの治療を行うといった印象がありますが、インナーマッスルを活性化して体の軸を安定させて体の歪み改善するなど、自宅のストレッチではなかなか思い切って行えなかった脊椎の理想的なカーブを取り戻す骨格矯正やその後のストレッチ指導なども受けることができます。

骨をばきばきと鳴らして痛みを伴う矯正を心配される方もいらっしゃいますが、小さいお子さんから高齢の方までが施術を受けられるよう、ご自身の体重をかけながらの骨格矯正や、正しい脊椎や骨盤位置を定着させるストレッチなど、接骨院によって独自の施術方法がありますから、HPや身近な方からの口コミ、メディアに引っ張りだこで猫背に関する著書も多い長野の先生など全国各地でご自身が受けたい、最適だという治療方法を探すこと、また受診の際には先生にご相談されることが、猫背解消のスタートとなります。

 

整体院

効率よく、安全に猫背を改善する為に、現在の姿勢や体の歪み、柔軟性、動きの癖、筋力、痛みの有無などを確認し、体の状態を明確にします。

カウンセリングのうえで、体の状態やライフスタイルなどを考慮しながら個々に対する猫背改善プランを提供し、強度や難度を調整しつつ、最適な形になるよう調整を行います。

背筋を伸ばした状態を維持する矯正ベルトを使用する場合もあります。脊柱管狭窄症やヘルニアといった脊椎本体に異常がない限り、脊椎そのものや脊椎がつながっている骨盤を正常なカーブや位置に戻すよう、骨格矯正と周りの筋力強化を行うことが可能ですが、整体法は先生によって異なりますし、通院回数も程度や施術内容によって異なります。

また通院に要する時間が確保できない、デスクワーク中心で悪い姿勢をどうしても長時間しがちなど、ご自身のライフスタイルも関与してきますから、1回の施術で改善した、慢性的な痛みが解消した、数回の治療を要するが悪い姿勢に戻らないように体が覚えたなど、先生の施術方法や実績を調べた上での受診しましょう。

 

まとめ

まずはご自身の脊椎のカーブ強度や他の損傷がないかを確認することから始めてみましょう。損傷がある場合は、猫背の骨格矯正やストレッチによって損傷を悪化させることがありますから、医師との相談が必要です。損傷が見受けられないようなら、整形外科、接骨院、整体院など、治療方法をご自身で選択することが可能になります。

整形外科では手術・リハビリ・投薬など保険診療範囲が点数化されているので保険証による保険診療が可能ですが、範囲外の骨格矯正や未承認治療に関しては自費診療となります。

 

接骨院では急性外傷に対しては保険診療が認められていますが、腰痛や肩こりとった慢性疾患には保険診療が適応されません。整体院は国家資格ではないので、元々保険適応がなく、自費治療となります。

その反面で、接骨院や整体院の自費治療に関しては保険診療点数に縛られない、柔軟な治療方法の提供を受けることができます。治療方法と料金をしっかり確認の上で、受診先を選びましょう。

 

猫背を矯正するということは、長年にわたってしみついてしまった体の癖をリセットすることになります。「きれいな美しい姿勢」に立ち戻ることで、慢性的な不快感や体の歪みから解放されることを目指しませんか。

 

 

 

身体を壊してお身体のケアをせずにどこに行ったら改善するのか分からなく迷っている方は一度【てらだ鍼灸整骨院】の施術を試してみませんか?

無料相談を遠慮なくお使いください。

0120−405−100

 

 

椎間板ヘルニアが病院で治らない場合はどんな治療院に行けばいいのか

2015年10月23日 : ヘルニア

私たちの身体は脳から出た命令が神経を介して、筋肉に行き届くことで細やかな動きからダイナミックな動きまでを、脳のイメージの通り再現しています。この脳から出た信号を届ける神経は脊椎(背骨)の中を脊髄として走行し、脊髄から枝分かれした神経が脊椎の間から外に出て、腕や脚、お腹、背中などの筋肉や皮膚へと届いています。

 

この脊髄を守っている脊椎は椎骨という骨と椎間板と呼ばれる線維軟骨組織からなっています。椎間板ヘルニアとは、この椎間板が裂けてしまい、中にある髄核組織が外に脱出し、神経を圧迫してしまった状態です。根本となる脊髄自体の圧迫や枝分かれした神経の圧迫により、手足にしびれや痛み、運動麻痺などの様々な症状を呈します。

 

このような椎間板ヘルニアになってしまった時、病院以外にどのような治療院で対応してもらえるのでしょうか?

 

ペインクリニック

椎間板ヘルニアに限らず、あらゆる疾患において、痛みの管理というのは非常に重要になります。動作時などに痛みがあることは、運動を制限し、仕事やスポーツのパフォーマンスを低下させ、さらには慢性的なストレスの原因にもなります。また、痛みは精神状態にも影響を及ぼし、沈んだ気持ちやうつ傾向になりやすくなってしまいます。そういった痛みの対処の専門家が“ペインクリニック”です。ペインクリニックは主に麻酔科医が中心となって治療を行う、いわば痛みの専門外来といった位置づけになります。

 

ペインクリニックでは、首や腰の痛みの訴えに対して、病院の整形外科と同様にレントゲンやMRIなどの画像所見を用いて診断を行います。この結果をふまえ、神経ブロック注射を中心として痛みを緩和する治療を行っていくのがペインクリニックです。

 

椎間板ヘルニアとは、前述の通り、飛び出した髄核が神経を圧迫することで痛みが生じています。そのため、この圧迫による神経の炎症を抑えることで、症状が緩和する場合も多く、神経ブロック療法による保存療法で治療可能なケースも多いです。神経ブロック療法は、局所麻酔薬を神経やその神経周辺に注射することで痛みを取り除く治療法になります。椎間板ヘルニアに対する神経ブロック療法はそのターゲットとなる部位によって、硬膜外ブロック療法、神経根ブロック療法、椎間板造影ブロック療法などの様々な種類があり、その患者の状態を診ながら、適切な治療法を選択します。

 

接骨院

椎間板ヘルニアになりやすい人には、ストレートネックや猫背、腰椎の過剰な前彎などの姿勢のゆがみや骨格系の異常をきたしていることが多いとされています。さらに、姿勢の乱れにより、腰への負担が増大することや、筋肉を正しく使えていないことなどにより、筋肉が硬くなった過緊張状態に陥りやすくもなっています。硬くなった筋肉はさらに、神経を圧迫し、痛みを増強させる上、痛みによる刺激がさらに筋肉の緊張を高めてしまうという悪循環を引き起こします。

 

椎間板ヘルニアの症状に悩まされている人の多くは、このような筋肉、骨格系の問題をその背景に抱えています。接骨院は柔道整復師によって開業されている治療院であり、筋肉や骨格に対しての治療を行います。柔道整復師は柔術の知識に基づいて骨や関節、筋肉、腱、靭帯などに関する問題を治療するための国家資格であり、その技術と経験をもとに徒手にて治療を行います。骨格のゆがみや筋肉の緊張を取り除くことで、神経の圧迫を解消し、症状の緩和を促します。

 

カイロプラクティック

また、近年日本でも増加してきているカイロプラクティックも筋、骨格、神経系に対する深い知識をもとに治療が行われます。カイロプラクティックは特に脊椎ヘルスケアの専門家であり、生体力学的、神経科学的、解剖学的な視点を踏まえて、脊椎を中心とする骨格のゆがみを整えることで、神経の働きを回復させることに重きをおいています。関節アジャストメントや脊椎マニピュレーションと呼ばれる徒手治療をはじめ、体操療法や患者教育などを含めた、脊椎調整から症状を改善し、健康を作ることを専門としています。椎間板ヘルニアに対しても、多くの治療法の研究が進められており、神経の除圧効果や症状の改善が期待されます。

 

最後に

一言に、椎間板ヘルニアといっても、その障害されている部位や神経圧迫の形態、程度は様々であり、症状の出方も人によって異なります。椎間板ヘルニアに対しては、多くの治療法がありますが、ある人にとって非常に効果的であった治療方法が他の人に対しても、同じ効果を生み出すとは限りません。また、不適切な治療は神経のさらなる圧迫や症状の悪化を招く可能性もあります。治療を継続しても大きな変化がない場合や、調子が悪くなってきた場合には、他の治療院を訪れるのも良いでしょう。自らの症状の経過を注意深く観察し、場合によっては複数の専門家の意見を取り入れながら、自分に合った適切な治療方法を見つけることが大切です。

 

 

1 / 1

ページトップへ戻る

  • トップ
  • 料金
  • アクセス
  • メニュー