親指のばね指で来院された男性の症例

2018年10月14日 : ばね指

親指のばね指で来院された男性の症例

 

 

45歳

男性

 

目次

1、症状

2、来院時の状態

3、施術

4、経過

5、最後に

 

 

1、症状

ばね指

右手親指を曲げて伸ばそうとすると引っ掛かり、伸ばせなくなり、もう片方の手で伸ばさないと戻らない。

病院で診察は受けずにそのまま生活をしていたが、症状が悪化して親指を曲げようとしても曲げれなくなる。

親指が当たり、外側に開くと激痛が走り、箸を持つのも支障が出るため当院に来院。

 

 

 

2、来院時の状態

右手親指全体の腫れ、熱感はなし

他動的に曲げることはできるが、自分で曲げようとしても曲がらない

曲げて伸ばす時は引っかかるため左手で伸ばす

親指の付け根の圧痛

右手前腕の前面の張り感

仕事で指を使うことがあるが、痛みがでてからはなるべく親指を使わないようにしている。

症状がでてから2か月が経過している

 

 

 

3、施術

姿勢の崩れや動きの制限があったので、身体の調整をして循環力を上げてく。そうすることで自己回復する力を高めていく。

親指以外に、股関節、足首、肩や腕の調整をする。

日常生活でのアドバイスや自宅でのケアを伝えます。

 

 

 

4、経過

1回目

身体の動きの変化は体感するが、指の痛み、腫れ、圧痛は残る

 

2回目来院時(1週間後)

症状の変化はなく痛み、腫れ、指が曲がらない状態が続く

 

3回目(2回目から1週間後)

圧痛は少し減ってきたが、指の腫れ、自分で指を曲げようとしても曲げれない

 

8回目

圧痛は減るが指の腫れは引かず、指は曲げれない

病院での検査をしていなかったので、腱の断裂なども考慮し病院での検査をすすめる

 

9回目

病院で検査した結果、腱の断裂はなかった。

指の腫れはあるが、少し指が曲げれるようになる

 

10回目

指の腫れはほとんどなくなり、左と比べてもわからないぐらいになり、指も曲げられるようになったが、少し痛みが残るため通院を継続

 

 

 

5、最後に

今回のケースは症状がでてから当院に来院されるまでに2ヶ月経過していたことや、症状も悪化していたこともありますが、当院での施術を開始してからも、なかなか痛みや腫れ、指の動きが戻らない状態が続き、大きく状態が変わるのに3か月近くかかりました。

ばね指はそのままにしていても、症状がなくなる人もいますし、注射や、手術をする人もいます。整骨院や整体院、鍼灸院で施術を受け改善される人もいます。多くの人はできるなら手術しなくてすむように施術院に一度は行くのではないでしょうか?しかし、ほとんどの人は数回行って良くならなかったら、行かなくなってしまいます。その人の症状や、環境によっては1回から数回でよくなる人もいます。逆に回復に時間や回数がかかる人もいます。徐々に良くなっていくケース、ある時を境によくなるケースがあります。今回紹介した人は、なかなか思うように症状がとれなく不安に思っていたと思いますが、良くなることを信じて、通院して、自分でもケアをしていた結果、ある時期を境に症状の変化が大きく変わったのだと思います。

 

状態の見極めも大事ですが、ばね指がよくならないと諦めないようにして下さい。

ばね指は回復していきます。

 

 

 

 

松阪市のバキバキしない施術 てらだ鍼灸整骨院

 

 

☎0120−405−100

 

 

その他のばね指でお悩みの方はこちら

 

 

 

1 / 1

ページトップへ戻る

ページを閉じる